So-net無料ブログ作成

12月 [音楽]

あっという間に2011年も12月です。

最近はボーイスカウトの合唱と合奏指導を任されて準備しています。

10年以上前にOLをしながら個人でピアノを教えていたことがありますが、

複数の子に教えるのは初めてで、しかも練習時間が限られているので

すごいチャレンジです。前代未聞、前人未到(?)です!!


今回の経験で今まで教わった先生たちの顔や言っていたことや

ウィーンの旅行で教会に行ったこと(ウィーン少年合唱団も聴きました!)など

いろんな記憶が一気に出てきました。

帰ってきて死んだようにばったりと眠りました(笑)。


今年もここに書ききれないほどのたくさんの出来事がありましたが、

いのちにありがとうと言いたいです。すべての経験に、出会った人に、場所に。


また(多分)来年。

少し早いですが、皆様よいお年をお迎えください。



育英




コメント(0) 

クリスタルチルドレン [音楽]

きのう、TBSラジオ「森山良子のハートオブポップス」でハガキが読まれました。

台所の窓際に置いてあるラジオに耳を澄ませ、息子と楽しみに聞きました。

それは私がかなり前に書いたはがき「あなたが好きで」という題で

好きな人へのメッセージを送ってくださいと番組で募集していたときに送ったものでした。

私が息子にあてたメッセージでした。

森山良子さんの声で読まれる自分が息子にあてたメッセージは

「ああ、こんなこと書いてたな」と思うこといっぱいで(要するに忘れている...)

せまい台所で息子と二人ドキドキしながら聞きました。

息子は何度も「かーくん」と呼ばれてうれしそうに、はにかんでいました。

私も自分で聞いていて涙ぐんでしまいました(笑)。

我ながら、愛のいっぱい詰まったメッセージだなと思いました。

それから公園でバドミントンや野球、砂場で遊んで、

きのうは夏のような暑い天気でしたので少し動いたらすぐバテてしまい、休み休み。。。

図書館で紙芝居を読んだり、図書館の中の喫茶店で紅茶ゼリーと

よもぎのシフォンケーキを食べました。

息子は恐竜のおりがみの本、私はニール・ロナルド・ウオルシュの「神との対話」を借りて

帰りは本屋さんでめいろの本を買ってカレーライスの材料の買い物をして帰ってきました。

夕方、ごはんを食べ終えて恐竜のおりがみをしていたら

息子がすっとテレビをつけ、ちょうどNHKみんなのうたで「クリスタルチルドレン」が流れていました。

本当に素晴らしい歌詞です。

今回は二回目でしたが、初めて聴いたときはびっくり!そして涙が出そうになりました。。。

♪...憎しみも 涙にかえて 許せる勇気もって生まれてきたんだ

この地球(ほし)を光で満たす 祈りの愛をもってうまれたんだ クリスタルチルドレン~♪

(↑一部ですが、私の大好きな歌詞です。)

このうた「クリスタルチルドレン」をクリスタルチルドレンと共に聴く喜び。。。

つくづく時代は変わったと思います。

私たちの子どもの頃は「あかおにとあおおにのタンゴ」とか「メトロポリタンミュージアム」とか

♪きたかぜ~ こぞう~の かんたろう~♪とかでしたからね。

クリスタルチルドレンの中には、子どもたちがイルカちゃんに乗って未来へと進む場面があります。

もともと持って生まれた愛をそれぞれがどう表現していくのか、子どもたち楽しみですね。。。

寝る前の絵本は、息子が選んだ「いるかのうみ」を読んで寝ました。




コメント(5) 

ウェイクアップコール [音楽]

きのう、NHKスペシャル「ウェイクアップコール」を観た。

普段ほとんどTVを観ない私だが、きのうはたまたま夜一人で家にいて

BGM代わりにつけて「つるべえの家族に乾杯!」などを観ていた。

(その中でも川の近くに住む素敵なご婦人が出ていたなあ。。。)

夜九時ごろにお父さんと息子が帰ってきて、皆でケーキを食べ

さあ22時!寝る時間だあー!となったのだけど

さっきのTVで予告で観たNHKスペシャルどうしても観たいなと思い、つけて

結局子どもも一緒に観てしまった。

「ウェイクアップコール」というのは宇宙飛行士が宇宙に行ったときに

目覚めるために流す音楽を言うのだそう。

様々な宇宙飛行士たちやその家族からのリクエストで今まで流れた音楽を紹介していた。

なかにはコロンビア号に乗っていたユダヤ人の宇宙飛行士など、

亡くなってしまった方もいた。

その方の日記、宇宙に行って六日目に体験したことや

家族にあてた最後のメール。。。

2001年9月11日のテロを宇宙から目撃したアメリカ人宇宙飛行士。

これを観ていたときに「このときはまだ息子が生まれていなかったんだ...」と気づき

「かーくんはまだいなかったんだねえ。」などと話し、

となりで真剣にTVを見つめている息子をみて、この子が今ここにいることが神秘であり

信じられないような体験なんだと思った。

映し出される爆撃機を見て「これ、ひこうき?」と聞いてきたり

「収容所ってなに?!」と無邪気に聞く子どもにうまく答えられなかった。

それでも、映し出される宇宙から見た地球の姿は青く輝いてほんとうに美しかった。

宇宙から見たオーロラの場面もあり、丸い地球の一部分で立ちのぼりうごめく緑色の光は

先日このブログでも紹介させていただいたマイミクのTOMさんのオーロラの写真の色と

全く同じであった。

ジョン・レノンの「イマジン」、「あるこう、あるこう」(←このタイトルかわかりませんが

となりのトトロで使われた曲だそうです)、クイーンなど、数々の曲がスペースシャトルで

流れたことを知る。

そして、宇宙飛行士が最も多くリクエストした曲はルイ・アームストロングの

「What a woundaful world」。

遠くから地球を眺めて聴くのに最高な曲に思えた。











コメント(2) 

アンジェラ・アキ、ケツメイシ [音楽]

アンジェラ・アキさんは昨年の紅白で初めて歌ってるとこを観て

なんてパワフルな音楽だろう、ピアノも歌も。。。と思ったのですが、

曼荼羅アーティストの鯉沼さんのサイトで彼女もファンだと知り

CDを借りてみました。

ある曲でトーリ・エイモスを感じるのは私だけ?

とても共通している部分があるような気がします。ハートが。。。

歌詞が今の私に語りかけるような曲があり、しみじみと聴いていました。

そして久しぶりにケツメイシの新しいアルバムも聴いてみたら

今日、息子が朝おえかきしたいと言って少しだけ一緒に絵を描いたのですが

ケツメイシをBGMにしてくれたんです。

そして楽しく絵を描いていましたところ、ある曲でやっぱり泣きそうになってしまうほどのが

ありました。

前にも「ケツノポリス3」だったか、「サクラ」と「ともだち」が入っているアルバムを聴いて

号泣した思い出が...。

HIP HOPで泣くなんてと思われそうですが、ほんとに歌詞が素晴らしく(もちろん音楽全体として)

今日も朝から体の力が抜けました。

こんな曲を若者たちが聴いている、それが素晴らしいといつも思う。

いつかコンサート行ってみたいなあ。

びっくりしたのが、ある曲でラッパの音がしたときに息子が去年東京タワーに行った帰りに

花屋さんの前にあった踊るサンタの人形もこんな音楽だったと覚えていたことだ。

すごいなあ、記憶って!!こういうことって大人になっても覚えているのかもしれないな。

そして、いつもしたくに時間がかかる息子にラップ調で歌ってみたところ大成功!!

メッセージは歌にのせるのがいいかも。。。(笑)







コメント(0) 

井上陽水を聴く [音楽]

最近、井上陽水を聴いている。

ずっと昔、井上陽水が「笑っていいとも」に出ていたとき

「ふらりと空港に行ってそのまま目についた飛行機に乗って外国に行くことがある」

という話をしていて、素敵な人だなあと思った。

初めてちゃんと腰を据えて聴いてみて、彼の音楽はやはりただものではないと感じる。

彼にとって歌詞はあまり意味を持たず、ほとんど流れらしい。

奥田民夫と一緒に歌っていたりして、かっこいいなあこの人。

驚いたのは、息子がえらく気に入って毎日自分でCDをかけて聴いているのである。

その熱心さは目を見張るものがある。

必ずいつか息子を連れてコンサートに行こうと決心しました。





コメント(2) 

週末~フルートコンサート [音楽]

週末は恵比寿ガーデンプレイスへ。

友人のフルートを聴きに行って来ました。

子連れはあまりコンサートに行く機会がないのでうれしかった。

風の気持ちよい夕方、ビール片手に音楽を聴く幸せ...。

買い物帰りや通りがかりの家族や恋人たちが耳を傾けていました。

その後、友人の家族とみんなでごはん。

子どもが疲れてぐずったので途中で帰りましたが

楽しいひとときを過ごすことができました。幸せな時間だった...。

こうやってもっともっと普段の日常で楽しみたいですね。


コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。