So-net無料ブログ作成
検索選択

下北沢がどんどん好きになる [日常]

金曜日、息子の野球ユニフォームを買いに、下北沢へ。

お店が12時開店で11時に着いてしまった私は、無性に中華料理屋のチャーハンが食べたくて

いつも行くお店へ。ちょうどチャーハンが日替わりメニューだったので少なめにしてもらった。

食べ終わって店を出ても11時半。時間をつぶしにヴィレッジバンガードへ。村上春樹さんの

エッセイを買う。よしもとばななさんの下北沢でしか売っていないらしい小さなかわいい

表紙の本「下北沢について」も。1から10まであるが1から買わないで4を買った。又吉直樹さんの

直筆POPも見る。

男性用靴下26-28cmというのがあり、息子に買うか迷ったが買わなかった。普通に売られているのは

大体が27cmまでのサイズだ。

いま履いている息子の靴のサイズは29cmなのだ。しかもきつくなってきたと言っている。

無視しているが。。。

子どもの成長が遅くて悩んでいる方には申し訳ないが、成長が異様に早くても服や靴の買い替え

など、とても親は困る。

28-30cmという靴下もどこかにあるはず!と思って買わなかった。模様が入っていたのも理由。


あっというまに12時半になり、スポーツ用品店に向かう途中、近所のおいしいハンバーガー屋と

まったく同じ名前の店を見つけて思わず入ってしまう。洋服やさんだった。

そこで自分の服を3着買った。買うつもりはなかったのだが、捨てたいな~と思っている服を

ずっとなんとなく着ていたのでいい機会だと思い、買った。

自分の服なんてずっと買っていなかったのですごく楽しかった。

私の好きなマイケル・ジャクソンの曲が流れてて、お店の人も美人で笑顔で目がキラキラしてて

聞くと同じ年の息子(しかも野球部!)がいるという。見習わなきゃなあ~と思う。

お店の名前の意味(和訳)を教えてもらう。それを聞いてなんでか、ハッと、ぞくっとした。


下北沢、昔はぜんぜんいいと思わなかったのに、最近は行くたびどんどん好きになる。

なんでだろう。若者が多くて自由な感じがするからだろう。気取ってないし、ごちゃごちゃしてて

昔ながらの商店街的な雰囲気もあるし。芝居小屋があって、なにかまだ見たことがない

新しいものが生まれてる感じがする。街もそれを大きなふところで受けとめてる。

いい街だなあ。


その後、メインの用事であったスポーツ用品店へ行き、必要なものと30cmの練習靴を注文。

(この先いったいどうしたら。。。30cmまでしか靴はないそうだ)



前日の夜中からピルの副作用と思われる症状があり、その日は買い物のほかにも一件用事があり

無理して午前中から動いていたのだが、帰宅して病院に電話したら今すぐ来いと言われ、

せっかくだからと早速、下北沢で買った服に着替えタクシーで向かう。

バス停までは歩いて行ったが、やはりつらくてタクシーを拾った。

待合室でよしもとばななさんの小さい本を読んで(持ち運びにとても良い軽い本だ)、

血液検査を受けて診察受けて帰った。血栓ではなかったがピルは中止となった。


少しでも楽しい気持ちで病院に行こうと思い、新しい服を着たり、外食をしたりすると、

病気になる前は習慣というパターンに染まって新しいことをあまりやっていなかったことに

気づいた。料理を作るのが面倒で、外食に行けるだけの体力があれば外に行けばいい。

おいしい店も素敵な店もおもしろい店も世の中にはたくさんあるのだからな~と思う。

そんなことに気づけただけで病気になってよかったと思う。健康は失ったが、得られたものも

ある。豊かな時間を取り戻している。


村上春樹さんのエッセイ本はとてもおもしろい。ヴィレッジバンガードのにおいがする。

たくさんの雑貨や本やほこりや外国のお菓子なんかの。また下北に行こう。












コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。